-西山荘 笑美亭の日々-

埼玉県飯能市・旧名栗村にある小さな木組みの宿 笑美亭(わらびてい)の日々をつづります

ウォーキングを楽しもう!

落葉樹も色付き始め秋真っ盛りの今日この頃。
先週は都内のIT企業のオリエンテーション部の方々が「秋のウォーキング大会」で笑美亭をご利用いただきました。何でも30㎞以上も歩かれたとか?!
皆様お疲れさまでした!

20171112a

そして個人的にトレッキングを楽しんできました。
奥武蔵野山々の中でも私のお気に入りのウノタワです!

20171112b

今年は先月の台風の影響からか水量は例年に比べかなり多め。
この沢登からトレッキングはスタートです。

20171112c

ウノタワのカラマツ林の中は実に清々しい!

20171112d

ウノタワからの急な登りを上がりきると視界は良好。
今度はどの山に行きましょうか?

静かな朝焼け

昨夜は(11月1日)は十三夜の名月。
お月見は中国から伝わった十五夜が有名ですが、日本も古くから旧暦九月十三日の十三夜もまた美しい月と言われてきました。
「十三夜に曇り無し」昨夜の笑美亭は俳句の会の方々にご利用いただきました。

20171102a

一夜明け11月の早朝は大気が冷え込んでいたので綺麗な朝焼けを見ることができました。
俳句の会の方々はすでに野外に出て題材を集めていました。

20171102b

そして今日も日の光が笑美亭に差し込みます。

20171102c

まだ霜が降りていませんが落葉樹もだいぶ色付いてきました。
空気が澄んでます!

20171102d

朝食後は昨日から集めた題材をもとに皆さん俳句を練られていました。
みなさん当館をご利用いただきありがとうございました!



晴れました!

季節外れの大きい台風が2週にわたり関東地方に大雨と強風をもたらしましたがやっと晴れました。
10月の台風で被災された方々にお見舞い申し上げます。

20171030e

しかし!週末を狙ったように関東地方に直撃し観光業の笑美亭はというと開店休業状態でした。
といっても生まれつきの貧乏性でじっとしていることができないので冷蔵庫やガス台、レンジフードを徹底的に掃除していました。

20171030c

画像は業務用冷凍冷蔵庫。トップカバーを外すと車のラジエターのようなものが現れます。右側が
Beforeで左側がAfter!大切にメンテナンスして使えば20年経ってもまだまだ使えます!


20171030d


さて、外に目をやると台風一過の日本晴れとなり周辺の落葉樹もだいぶ色付きはじめました。

手前は蔵Cafeの紗蔵さん。


20171030b



もうすぐ11月。日暮れとともにリビングの薪ストーブにも火が入ります。

宿泊された方々は心地よい炎の揺らめきを楽しまれています。



大人の休日

今週は大人の休日を満喫されるお客様が来館されてます。
26日の火曜日のお話ですが、東京都武蔵村山市の伊藤鍼灸院の院長とその仲間たちのお泊り会で当館をご利用いただきました。

20170930a

伊藤院長は名栗在住で個人的にもお付き合いさせていただいています。
この会は自作のイルミネーションや演奏会など毎回趣向を凝らした催し物が参加者も楽しみにしている一つです。今回はロウソク、LEDランプ、キャンプファイヤーなど、光をテーマにした空間演出でした。

20170930b

秋の夜のキャンプファイヤーは見ているだけで癒しを与えてくれます。
夜が明け朝食後は仕事に向かう人、休日を満喫される人、流れ解散となりました。

20170930c


そして週末の本日30日はお父さんバンドの合宿にて当館をご利用いただいております。

20170930d

お祭りやイベントなどお声がかかれば何処までも(ちょっと大袈裟でした!)
定年後の趣味としたら最高ですね!

20170930e

で、来館した直後から喉湿しはコレ!
有意義な時間を過ごされています。

20170930f

お父さんバンド・Cotton Field Diet Bandの皆さんは埼玉県日高市′で開催される第14回巾着田ネイチャーコンサート(10月21日(土)(10:40~))に出演します。
お近くの方は是非どうそ!

久しぶりの山岳ガイド

昨日のお話し。
獨協大学でエコツーリズムを学ぶ方々を大持山までご案内いたしました。

20170912f

天気予報は芳しく小雨がたまにパラつきはしましたが樹木の葉で凌ぎながらの登山!
上の画像は横倉沢から入山しウノタワへのルートで見所の一つでゼミの皆さまの集合写真です。

20170912g

横倉の沢を上り詰めた尾根がウノタワ。
ここはかつて山の神様が鵜の姿に変えて住まう池だったと言い伝えられている場所で開けたところは分厚い苔で覆われています。

20170912h

苔を踏まないように注意しながらウノタワの奥へと散策すると…。

20170912j

カラマツ林があり幻想的な空間が広がり、オオモミジ、イタヤカエデ、コウチワカエデなど数種類のモミジが混生しています。
ウノタワから大持山へ向かう尾根沿いはブナとイヌブナの生い茂る原生林の中を進みます。

20170912k

大持山の手前の見晴らしの良い尾根からのショット。
曇って見えませんが山が切れたあたりの雲の下は東京の都市部で今日は生憎の空模様でしたが晴れていれば東京湾も良く見えます!

奥武蔵の山々を散策された獨協大学の皆さまお疲れ様でした!トレッキングツアーを楽しんでいただけたら幸いです!