FC2ブログ

今日も元気な爺と不思議な井戸水について

名栗の郷に久しぶりに雪が降った。
本格的に降ったのは本当に2年ぶりかもしれない。

昨夜からずーっと降っていたが湿った雪なので雪かきが大変なのである
でも10㎝も積もらなかったから大難が小難。
午前中でこの作業もキリがついた。

雪景色の井戸も風情がありますね。

ご近所さんのお年寄りも、滑って怪我をしたなんて話も出ていないのでほっとしている。
しかし、わが家のジジ(爺)は齢80歳。このジジがこのように雪が降ったり、夏場の台風が来たりと天災のたびに何故かハッスルするのである。
常日頃、腰が痛ぇ~などと弱音を吐いたりしているが、こんな時はここぞとばかりに燃えまくるのだ

今日もごたぶんに漏れず朝一番に除雪用スコップをもってハッスルハッスル。
チカラ加減が上手いというか、非常に効率的に良く動く。
年寄りが元気に働いてくれるというのは、何はともあれ有難いことなのである。

我々の世代、昭和40年代の中年があと40年してこのジジ(爺)のように動けるのか?
中年たちよ!わが家のジジ(爺)に負けないように体を鍛えよう!

紅梅が咲き春近しと思っていたら雪が降りました。


話は変わり、やっとお湿りがやって来た
全く雨も降っていなかったので、わが家の井戸も水が少なくなっていたので助かった。
ここのところ一日200リットル程度しか湧いていなかったと思う。

この井戸水、以前から変わった水だと言い続けてきたが、水の正体がおぼろげながら分かって来た。
日本では珍しい硬水だ。硬水のミネラルウォーターといえばコントレックスが超有名。
カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多量に含まれている。
なぜならば笑美亭のある山の頂は純度の高い石灰岩であり、この水は長い年月をかけて雨水が浸透して湧き出ている。

だから夏場の労働したあとは非常にすんなりと飲めるのに、冬場のこの時期は生水は飲みにくく感じてしまったのだ。
汗をかくほど体内のカルシウムやマグネシウムが放出されるため体が欲している。→だから飲みやすい

福寿草も雪の中から顔を出します。

そうそう、試しにWikipediaで調べてみたら日本でも関東地方の一部と沖縄の水は硬水だとか。
キーワードとなるのが石灰岩、石灰の鉱山なのだ。

でも、この井戸水。煮沸すると味が変わる。もの凄く変わる。
つまらねーインスタントコーヒーがブレンド珈琲のごとく化けてしまう。(←これマジ!)
近々に硬水の検査をしようと思っている。
味噌仕込みを手伝ってくれる仲間も絶賛するこの井戸水。是非、お試しあれ!

0 Comments

Leave a comment