FC2ブログ

西川材の階段設置

我が家のお婆ちゃん(コードネーム=ババ)が、介護保険の適用を受けて自宅をリフォームすることになった。
変形性膝関節症の末期症状とのことで、リハビリを受けなくては改善の余地はないとか

そこで、我が家の高い玄関に階段を付けたり、廊下に手すりを付けたり…。
大工さんとしたら、とにかく細かい仕事になってしまったのだ

請け負ってくれたのが地元・名栗の岡部工務店さん。
実は今から45年前に、この家を建てた工務店で、画像に映っている職人さんは
当時から数えて三代目の棟梁なのだ

この階段に使っている木材は地場財の西川材の無垢材だ。
木の香り良し使い心地良しそして何より見栄え良し

介護のリフォームで無垢の檜を当たり前のように使ってしまう工務店とこの地域。
私はこういった関係を終生大切にしたいと思う



西川材の階段

1 Comments

山川 康志  

バリアーフリー

檜の無垢材 見た目良し、香り良し等々、確かに
う~ん 変形性膝関節症等の場合、上がり下がりもさることながら、段差や土間の乗り越えも厳しいんですよね。
1cmどころか5mmの段差でつまずくこともあります。

1案
バリアーフリーにしてあげるなら、土間全体をかさ上げして入り口の敷居の高さにあわせる。
入り口のアプローチを5%以下のスロープにしてあげる。

2案
入り口の敷居を土間と同じ高さにしてあげる。

などが肝要かと

折角作った階段ですから、敷居の工夫などもご検討下さい。

一応 この方面の仕事もしてます。

2010/08/12 (Thu) 08:44 | REPLY |   

Leave a comment