FC2ブログ

悲願!薪小屋完成!

かねてから構想を練っていた薪小屋が遂に完成した

当初、ハンドメイドで作ろうかと思い、「簡単に作るとしたら単管パイプもアリかなぁ~」「いやいや!やはり美観を意識しないと…」などなど想いを巡らしていたら、ある人物の顔が脳裏をよぎった。
たびたびこのブログで登場している大工の貞夫だ

「オイ!貞夫!薪小屋を作ろうと思っているから相談にのってくれ!」と懇願したらイチも二もなく返事はOK
話を聞きに来たと思ったら、棟梁が「俺が作ってやるよ」ということになってしまった。
ここから話がスゴイ方向に進んでしまったのじゃ

棟梁に構想を話したところ「ココはこうした方が強度が増すよ」「ここはこうした方がイイね」などなど、話はエスカレート、図面はヒートアップ

建前は棟梁と大工の山崎さん、そしてアチキという3人体制であたること3日間。
完成した薪小屋は想像以上の出来栄えで、匠の技が随所に光る薪御殿になってしまった

悲願!薪小屋完成

完成したての薪御殿は檜の香りが心地よく漂う高級感あふれるモノだったが、使用目的が薪を乾燥させる小屋なので、防腐&防虫剤をバッチリ塗ることにした。
本来アチキはこのテの塗料はあまり好まないが、落葉樹を1年乾燥させると必ずカミキリ虫の幼虫が巣くっている。
燃料になる木は虫が羽化したところで問題はないが、薪御殿の柱が虫に喰われてしまったらたまったものではない。

薪を割るオヤジ

かくして薪御殿が完成したので、先日、集めてきた薪を割り始めた。
硬い樫の木の巨木やケヤキの巨木、これらの木々は薪ストーブユーザーから見れば垂涎の的
斧を振りかざし、一発で叩き割ったときの快感はやった人間でなければ分からない
ストレス解消すること間違いナシ、笑美亭に来た際には是非挑戦していただきたいと常々思っている

薪を積むオヤジ

最後になりましたが、今年も残すところあとわずか。
12月の早朝はとても空気が澄んでいます。新しい年の夜明けを感じさせます。
そんなイメージに合わせこのブログのデザインも変更しました。




0 Comments

Leave a comment