竹の垣根作りと名栗川

寒く厳しかった冬も終わりを告げやっと春らしくなってきた

笑美亭の浴室から見える中庭の垣根がだいぶヤレてきた(古くなってきたという意味)ので、思い切って作り直してみた。

我ながら完成度は高く仕上がったと思う
遊びにいらしたら是非、見て下さいませ。

20140324a

名栗川の渓流釣りシーズンも開幕してはや1ヶ月が経とうとしているが、雪代のお陰で水温が低すぎ思うような釣果が出ていないようだ。

20140324d

3月初旬に比べると水量は多いものの水の透明度はかなり高くなった。
水温はこれまた雪代のお陰でかなり低い。

水中写真はコチラ↓

20140324c

見えにくいかもしれないが、7寸前後のヤマメが数匹映っている。
ハヤの群れと一緒に川底にはりついている状態だ。

UPにするとこんな感じ↓

20140324b

この透明度だと餌のチョイスは川虫かイクラかな
名栗川はブドウ虫も有効だが、ここまで川底にへばりつかれると軽いブドウ虫で無理に川底を流すと不自然な動きになるので餌のチョイスはとても重要。

小春日和の日が続けば水温も上昇するので名栗川のエンジンが掛るのも時間の問題でしょう

0 Comments

Leave a comment